Previous
Next
ラックキャラクター

​腰痛・肩こり・膝の痛み・交通事故のむちうちや、インソール療法・骨盤矯正・EMSを活用したダイエットなど患者様に対応した治療と予防で患者様と共に完全治癒を目指し治療していきます。

診察日・受付時間

休診:日曜日・祝日・土曜日午後
14時〜15時は鍼灸治療の予約診療時間です。
(鍼灸治療・インソール療法等)
※駐車場完備しております。

 
午前(8:30〜11:30)
14:00〜15:00保険外治療
午後(15:00〜19:30)
divider-free-img.png

患者様に最適な施術で
笑顔を届けたい!

骨盤矯正

産後の骨盤の歪み、骨盤の歪みからくる体の疲れを改善していきます。 更年期を迎えた方などにも最適です

整骨治療(保険治療)

当院は各種健康保険に適応した施術が受けられます。 ごく一般的な整骨院の施術です。

交通事故治療

交通事故に遭遇され鞭打ちなどご心配の方ご相談下さい。交通事故の治療は無料にて治療が受けられます。

インソール療法

外反母趾やO脚・X脚からくる足の痛みやウォーキングなどの足の疲れを軽減できます。

鍼灸治療(ハリ)

ツボに刺激を与え痛みを和らげます。ひどい痛みの方におすすめしております。置鍼の施術も行っております。

EMS (自動筋トレマシーン)

高齢者の筋力アップを目指し、疲れないカラダづくりをし予防に力を入れています。ダイエット効果もアリ!

整骨施術(保険対応施術)

施術
骨・筋・関節・靭帯(じんたい)に生ずる、骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲に対して、手技により、整復固定を行います。
  1. 問診・視診・触診・徒手検査などから、病態を把握し施術方針を決定します。
  2. 干渉波で筋肉・神経に刺激を加え手技によりさらに痛みにアプローチしていきます。 病態に応じて超音波・牽引治療法・テーピング固定などを追加する場合もあります。
  3. 日常活動においての動きの制限や自宅でできる運動療法やストレッチを指導します。
  • カラダの痛みが取れない
  • 首・肩・腰・膝・足首・肘など関節が痛い
  • 打撲による関節痛
  • 病院に通っているが一向に痛みが取れない
  • 慢性的な痛みで諦めている
初回 2回目以降
710円~1620円 (初診料含む) 90円~570円

< 保険適応(1割~3割負担)>

  • 初めての患者さんは保険証を必ずご持参下さい。
  • 2回目以降のご来院の際は診察券をご持参下さい。
  • 保険証は毎月1回確認を行いますので、月が変わりましたら必ずご持参下さい。
  • 勤務先・住所変更のあった時は、受付に必ずお申し出下さい。
  • 障害・母子・生活保護等の医療助成も対応しております。

鍼灸施術(ハリ)

鍼img

鍼や灸を使いツボと呼ばれる場所に刺激を与え、自律神経やホルモンバランスを調整することで体質改善や免疫の向上につながり、本来持っている自然治癒力を高めます。
整骨が治療ならば、鍼灸は治療だけでなく予防にもつながるといえます。

※鍼灸治療は平日14:00~、完全予約制になっております。事前連絡お願いします

  • ひどい痛みがある
  • すぐに痛みをとりたい
  • 病院に通っているが一向に痛みが取れない
  • 慢性的な痛みで諦めている
施術料 1,000円

< 実費治療 >

  • 鍼灸治療は、平日14:00~完全予約制になっております。
  • 事前に電話で予約をお取りください。
  • 60分程度の施術となります。

トリガーポイント(皮内鍼)

鍼耳つぼ

トリガーポイントとは小さな鍼をツボに指し、刺激を与え続けることで効果を与えます。

  • 楽にダイエットがしたい。
施術料100円
一箇所あたりの料金です。通常1〜4箇所施術します。

< 実費治療 >

骨盤矯正

骨盤矯正
体な歪みを直し、疲れにくい体を手に入れよう!
元々人間のカラダは左右対称ではないのです。 肺の大きさ、内臓の配置も左右対称ではありません。
利き手利き足など生活するうちに歪んでしまうのは仕方ないのです。おまけに加齢、運動不足、出産などでさらに骨盤は歪んでしまうのです。
骨盤が歪むと腰痛以外にも肩こり、便秘、股関節痛、膝痛などカラダの色んな場所に影響します。
当院では骨盤の歪み、背骨の配列など現在の状態を説明させていただき、痛みのない矯正法で腸骨、恥骨、股関節、坐骨を調整して骨盤の歪みやねじれを改善します。
  • 産後の体調不良
  • 更年期障害
  • ダイエット効果
  • 姿勢の矯正
  • 疲れがすぐたまる
施術料 1,000円

< 実費治療 >

インソール療法

当院では予防治療の一環としインソール治療に取り組んでおります。
ウォーキングやマラソンなどで足に負担を感じておられる方に評価をいただいております。

  • 足首が痛い
  • マラソンをしている
  • 足底がいたい。
  • ウォーキングすると足がすぐに痛くなる
制作料 7,000円(両足)
部分インスール一箇所 500円〜

< 実費治療 >

EMS(自動腹筋マシーン)

当院では気軽に筋力アップが図れるEMSを導入しております。整骨治療を同時に行うことで予防治療にも繋がります。
体の仕組みが分かる柔道整復師のもとEMSを取り入れ筋力アップを図りましょう。
筋力アップはダイエット効果も期待できます。
  • お腹の脂肪が気になる
  • 楽にダイエットがしたい。
  • 筋力アップによる体の疲れの予防
回数券 料金
10回(1回あたり1,300円) 13,000円
15回(1回あたり1,100円) 16,500円
20回(1回あたり1,100円) 22,000円

< 実費治療 >

交通事故治療

交通事故イメージ

交通事故での鞭打ちでお困りの時は、是非当院へご来院ください。
自賠責保険を利用し治療できますので、ご相談ください。

  • 交通事故により鞭打ち
  • 交通事故による腰痛
  • 整形外科に通っているが改善がみられない

< 自賠責保険で治療 >

頚椎症は、首の骨(頚椎)に骨棘(こつきょく)という棘のような物が出来たり、首の骨を支えている靭帯が硬くなったり、太くなったりすることで、首の骨のすぐ後ろを通っている神経や脊髄を圧迫してしまうことで症状を発症してしまう疾患です。

症状は、首や肩甲骨付近への痛みやハリやコリ。首~腕~手にかけての痛みや痺れ。酷い症状になると足にかけて痺れや筋力低下がみられ、歩くことが困難になることもあります。

原因は、加齢により骨が少しずつ変形していくことが主な原因とされていますが、最近ではパソコンやスマートフォンなどの長時間操作により、首の骨や、首の骨を支えている靭帯へ過度な負担を掛けてしまうことも原因の1つとして考えられています。

頚椎椎間板ヘルニアは、首の骨(頚椎)と首の骨(頚椎)にクッションの役割で存在している椎間板が様々な原因により潰れていくことで椎間板の中にある髄核が飛び出してしまい、首の骨にある神経や脊髄を圧迫することで症状を発症してしまう疾患です。
症状は、首や肩の痛み。首~腕~手にかけての痛みや痺れ。程度は様々で、日常生活を問題なく過ごせる程度の痛みもあれば、動かしたり、物を持ったりすることが困難な激しい痛みや痺れを発症することもあります。酷いものは歩くことが困難になることもあり、日常生活に大きな影響を与えてしまうこともあります。
原因は、加齢により椎間板が弱くなってくることにより徐々に変形が進行してしまう原因と、コンタクトスポーツなどの激しい衝撃により、急激に首の骨へ負担を掛けてしまうことで椎間板が潰れてしまう原因が主に考えられています。

眠っていて目が覚めたときに、首の後ろや首から肩にかけての痛みが出ることがあり、いわゆる「寝違え」と言います。
首を動かすと痛みが出る時もありますし、痛みで首を動かせない時もあります。

専門的には「肩関節周囲炎」といいます。50歳ごろになると起こりやすい肩の症状で一般に五十肩といわれています。老化のひとつの症状でもあります。何かの刺激により炎症が起こって痛みが出てくるようになります。

手をよく使う作業を続けていると、手やうで、肩、くびなどがちょっとだるかったり疲れを感じたりしてきます。これは、筋肉の疲労による症状と考えられており、だれでも一度は経験することでしょう。それでも作業をやめずに続けていると、だんだんと「こり」や痛みがでてきます。
重いものを運ぶなど物理的に大きな力を発揮する作業の場合には、短い時間でこれらの筋疲労症状がでてきますが、小さな力ですむ作業の場合にはすぐに症状はでてきません。小さな力ですむ作業でも、同じ動きをくり返したり、同じ姿勢を続けたりしていると、だんだんと疲労がたまってきます。
その疲労のつみ重ねによって、筋肉がこったり、だるくなったりしてきます。比較的短い時間ででた症状とはちがい、慢性的なこりやだるさは、なかなか取れず、針灸や整体、マッサージなどで一時的によくなっても、また元に戻ってしまいます。そして、さらに疲労がたまっていくと、だんだんと痛みを感じるようになります。
それまでは気持ちよかったマッサージで、痛みを感じるようになってきます。そして、しびれや冷え、力の入りにくさ、うごきにくさなどの症状もでてきます。また、不眠や食欲低下などの自律神経症状やうつ症状などもでてくることもあります。

肩の痛みを引き起こす病気として、もっともよく知られているのは「四十肩・五十肩」ですが、病院で検査を受けてみると「腱板断裂」と診断されることがあります。
腱板断裂は、上腕の骨と肩甲骨とをつなぐ腱が切れてしまう状態です。
肩に強い痛みを感じる点は、四十肩・五十肩と似ています。ところが、四十肩・五十肩は自然に軽快することがほとんどですが、腱板断裂では肩に力が入りにくく痛みがいつまでも続くことがあり、適切な治療が必要となります。

まずヘルニアについて説明しましょう。ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。
これが腰の骨である腰椎の椎間板で起こったものを腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。
腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、腰痛をはじめ、下半身の痛みやシビレ、足が上手く動かせなくなる運動麻痺、感覚が鈍くなる感覚麻痺などが起こります。

重い物を持った拍子に突然腰が痛くなり動けなくなってしまう。そんな恐ろしいぎっくり腰、正式には急性腰痛と言います。

読んで字の如く急激に発症した腰痛を指し、欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれます。

多くは一週間~二週間程度で自然に回復していきますが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれと言った症状が出現した場合などは椎間板ヘルニアなどの病気が隠れていることがありますので要注意です。

手をよく使う作業を続けていると、手やうで、肩、くびなどがちょっとだるかったり疲れを感じたりしてきます。これは、筋肉の疲労による症状と考えられており、だれでも一度は経験することでしょう。それでも作業をやめずに続けていると、だんだんと「こり」や痛みがでてきます。
重いものを運ぶなど物理的に大きな力を発揮する作業の場合には、短い時間でこれらの筋疲労症状がでてきますが、小さな力ですむ作業の場合にはすぐに症状はでてきません。小さな力ですむ作業でも、同じ動きをくり返したり、同じ姿勢を続けたりしていると、だんだんと疲労がたまってきます。
その疲労のつみ重ねによって、筋肉がこったり、だるくなったりしてきます。比較的短い時間ででた症状とはちがい、慢性的なこりやだるさは、なかなか取れず、針灸や整体、マッサージなどで一時的によくなっても、また元に戻ってしまいます。そして、さらに疲労がたまっていくと、だんだんと痛みを感じるようになります。
それまでは気持ちよかったマッサージで、痛みを感じるようになってきます。そして、しびれや冷え、力の入りにくさ、うごきにくさなどの症状もでてきます。また、不眠や食欲低下などの自律神経症状やうつ症状などもでてくることもあります。

肩の痛みを引き起こす病気として、もっともよく知られているのは「四十肩・五十肩」ですが、病院で検査を受けてみると「腱板断裂」と診断されることがあります。
腱板断裂は、上腕の骨と肩甲骨とをつなぐ腱が切れてしまう状態です。
肩に強い痛みを感じる点は、四十肩・五十肩と似ています。ところが、四十肩・五十肩は自然に軽快することがほとんどですが、腱板断裂では肩に力が入りにくく痛みがいつまでも続くことがあり、適切な治療が必要となります。

肩の痛みを引き起こす病気として、もっともよく知られているのは「四十肩・五十肩」ですが、病院で検査を受けてみると「腱板断裂」と診断されることがあります。
腱板断裂は、上腕の骨と肩甲骨とをつなぐ腱が切れてしまう状態です。
肩に強い痛みを感じる点は、四十肩・五十肩と似ています。ところが、四十肩・五十肩は自然に軽快することがほとんどですが、腱板断裂では肩に力が入りにくく痛みがいつまでも続くことがあり、適切な治療が必要となります。

まずヘルニアについて説明しましょう。ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。
これが腰の骨である腰椎の椎間板で起こったものを腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。
腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、腰痛をはじめ、下半身の痛みやシビレ、足が上手く動かせなくなる運動麻痺、感覚が鈍くなる感覚麻痺などが起こります。
重い物を持った拍子に突然腰が痛くなり動けなくなってしまう。そんな恐ろしいぎっくり腰、正式には急性腰痛と言います。
読んで字の如く急激に発症した腰痛を指し、欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれます。
多くは一週間~二週間程度で自然に回復していきますが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれと言った症状が出現した場合などは椎間板ヘルニアなどの病気が隠れていることがありますので要注意です。

まずヘルニアについて説明しましょう。ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。
これが腰の骨である腰椎の椎間板で起こったものを腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。
腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、腰痛をはじめ、下半身の痛みやシビレ、足が上手く動かせなくなる運動麻痺、感覚が鈍くなる感覚麻痺などが起こります。
重い物を持った拍子に突然腰が痛くなり動けなくなってしまう。そんな恐ろしいぎっくり腰、正式には急性腰痛と言います。
読んで字の如く急激に発症した腰痛を指し、欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれます。
多くは一週間~二週間程度で自然に回復していきますが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれと言った症状が出現した場合などは椎間板ヘルニアなどの病気が隠れていることがありますので要注意です。
手をよく使う作業を続けていると、手やうで、肩、くびなどがちょっとだるかったり疲れを感じたりしてきます。これは、筋肉の疲労による症状と考えられており、だれでも一度は経験することでしょう。それでも作業をやめずに続けていると、だんだんと「こり」や痛みがでてきます。
重いものを運ぶなど物理的に大きな力を発揮する作業の場合には、短い時間でこれらの筋疲労症状がでてきますが、小さな力ですむ作業の場合にはすぐに症状はでてきません。小さな力ですむ作業でも、同じ動きをくり返したり、同じ姿勢を続けたりしていると、だんだんと疲労がたまってきます。
その疲労のつみ重ねによって、筋肉がこったり、だるくなったりしてきます。比較的短い時間ででた症状とはちがい、慢性的なこりやだるさは、なかなか取れず、針灸や整体、マッサージなどで一時的によくなっても、また元に戻ってしまいます。そして、さらに疲労がたまっていくと、だんだんと痛みを感じるようになります。
それまでは気持ちよかったマッサージで、痛みを感じるようになってきます。そして、しびれや冷え、力の入りにくさ、うごきにくさなどの症状もでてきます。また、不眠や食欲低下などの自律神経症状やうつ症状などもでてくることもあります。
手をよく使う作業を続けていると、手やうで、肩、くびなどがちょっとだるかったり疲れを感じたりしてきます。これは、筋肉の疲労による症状と考えられており、だれでも一度は経験することでしょう。それでも作業をやめずに続けていると、だんだんと「こり」や痛みがでてきます。
重いものを運ぶなど物理的に大きな力を発揮する作業の場合には、短い時間でこれらの筋疲労症状がでてきますが、小さな力ですむ作業の場合にはすぐに症状はでてきません。小さな力ですむ作業でも、同じ動きをくり返したり、同じ姿勢を続けたりしていると、だんだんと疲労がたまってきます。
その疲労のつみ重ねによって、筋肉がこったり、だるくなったりしてきます。比較的短い時間ででた症状とはちがい、慢性的なこりやだるさは、なかなか取れず、針灸や整体、マッサージなどで一時的によくなっても、また元に戻ってしまいます。そして、さらに疲労がたまっていくと、だんだんと痛みを感じるようになります。
それまでは気持ちよかったマッサージで、痛みを感じるようになってきます。そして、しびれや冷え、力の入りにくさ、うごきにくさなどの症状もでてきます。また、不眠や食欲低下などの自律神経症状やうつ症状などもでてくることもあります。

まずヘルニアについて説明しましょう。ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。
これが腰の骨である腰椎の椎間板で起こったものを腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。
腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、腰痛をはじめ、下半身の痛みやシビレ、足が上手く動かせなくなる運動麻痺、感覚が鈍くなる感覚麻痺などが起こります。
重い物を持った拍子に突然腰が痛くなり動けなくなってしまう。そんな恐ろしいぎっくり腰、正式には急性腰痛と言います。
読んで字の如く急激に発症した腰痛を指し、欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれます。
多くは一週間~二週間程度で自然に回復していきますが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれと言った症状が出現した場合などは椎間板ヘルニアなどの病気が隠れていることがありますので要注意です。
手をよく使う作業を続けていると、手やうで、肩、くびなどがちょっとだるかったり疲れを感じたりしてきます。これは、筋肉の疲労による症状と考えられており、だれでも一度は経験することでしょう。それでも作業をやめずに続けていると、だんだんと「こり」や痛みがでてきます。
重いものを運ぶなど物理的に大きな力を発揮する作業の場合には、短い時間でこれらの筋疲労症状がでてきますが、小さな力ですむ作業の場合にはすぐに症状はでてきません。小さな力ですむ作業でも、同じ動きをくり返したり、同じ姿勢を続けたりしていると、だんだんと疲労がたまってきます。
その疲労のつみ重ねによって、筋肉がこったり、だるくなったりしてきます。比較的短い時間ででた症状とはちがい、慢性的なこりやだるさは、なかなか取れず、針灸や整体、マッサージなどで一時的によくなっても、また元に戻ってしまいます。そして、さらに疲労がたまっていくと、だんだんと痛みを感じるようになります。
それまでは気持ちよかったマッサージで、痛みを感じるようになってきます。そして、しびれや冷え、力の入りにくさ、うごきにくさなどの症状もでてきます。また、不眠や食欲低下などの自律神経症状やうつ症状などもでてくることもあります。

よくある質問

ご来院ください。
筋肉の損傷が原因で痛みやコリ感が起きているかもしれません。
どうぞご来院ください。

首には血管・神経などの器官が集中しています。
しかし、首には筋肉が少なく、また、腕や手は首周辺の筋肉にくっついていて、首や肩周囲の筋肉に負担がかかっています。
これだけでも肩こりの原因になるのに、長時間のデスクワークや長距離運転など同じ姿勢が続くと、筋肉のポンプ作用が働かず血行不良が起きて、肩こりが増強してしまうのです。

はい、もちろん使えます。 はじめてご来院のかたは、健康保険証を忘れずにご持参ください。

予約の必要はございません。
来院して頂いた順で診察させていただきます。
保険外診療を希望される方は、予約をお願いします。

ラック鍼灸整骨院の実績

当院は地域に密着し数多くの患者様に笑顔お届けました。

0 +
開院15年の実績

草津市野村に平成14年に開院し15年の実績があります。

0 +
2019年現在、延べ1万人来院

開院以来数多くの患者様と向き合い完全治癒を目指し日々、施術しています。

0
多岐にわたる施術

患者様の完全治癒を目指すため多様な施術方法を提案できます。

ラック鍼灸整骨院の考え

肩こり四十肩・腰背部痛は何らかの原因で背骨と骨盤に歪みが生じ、筋肉のバランスがくずれて様々な症状として現れると考えます。
原因の多くは運動不足や同一姿勢での作業により周辺の筋肉の低下・血行不足、そこから姿勢が悪くなり左右の筋肉のバランスがくずれ、背骨や骨盤に歪みが生じてしまいます。
背骨には自律神経、血管、リンパが隣接する自然治癒力に最も重要な場所です。
ラック鍼灸整骨院では足と骨盤・背骨に注目し体の土台でもある骨盤を整える事で身体のバランスを改善していきます。
身体のアンバランスを引き起こしている本当の原因を改善しなければ完全治癒とはいえません。
是非、私達と完全治癒を目指しましょう。

スタッフの紹介

院長村田賢司

村田賢司 院長

毎日楽しく仕事をさせていただいてます。 痛みが和らいだ時の笑顔、あがらない腕があがった時の笑顔。患者様の笑顔が見れた時、この仕事を選んで良かったと実感し、日々感謝しています。 趣味は二年前には始めたサイクリング。冬は家族や友人とスキーに出かけます。健康オタクでもありますので、ぜひ健康についてお話しましょう。

  • 柔道整復師・鍼灸師
  • フットケアトレーナー
  • キネシオテーピング協会会員
  • JCCAストレッチポールインストラクタ
関口

関口眞理子 受付

日々、患者様とふれあい皆様から学ばせていただく事、人の温かさを感じる事が多々あります。
患者様のお心に寄り添い痛みや不安を少しでも和らげるお手伝いができればと思います。
休日は、観光本を見て出かける事が多く時間をフル活用。
最近では娘に色んな体験をさせようと乗馬とラフティングをしました。
常にいろいろなことに挑戦しイキイキとした女性でありたいと思います。
笑顔で丁寧な対応を心がけております。 お気軽にお声をかけてください。

患者様の声

施設の紹介

アクセス

Contact

ラック鍼灸整骨院
TEL&FAX:077-563-2246
滋賀県草津市野村2丁目22番6号
営業時間:午前8:30〜11:30 / 午後15:00〜19:30
休  診:日曜日・祝日・土曜日午後